スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
今日も出先から帰ってきて、マンションロビーにいつもの子供たちが

そして、私が通りかかったら、やっぱり、この言葉を言い出した。

「死ね、しねぇ・・、はやくしねぇ・・」と
ゲームをしているからゲームの中のことなのかもしれないけれど、
私が通るたびに、それも私が1一人だけの時に限ってこの言葉を言う。

これって、私によね。
私が、テーブルやいすに土足で乗せているから注意したことを逆恨みなのかしら。

まぁさ、もう、この餓鬼たちが何を言っても構わないけれどね。
だって、人間だとは思っていないから。
小学4年生で、この程度の頭しかないわよ。
ゲームしかしていないし、もう、ずーと毎日のようにゲームだけ。

かわいそうな子供よね。
親がほったらかしでしつけもしてもらえないのよね。

まっ、あのままどうしようもない大人になるんでしょうね。

同じ小学校4年の男の子が犬が好きで私の愛犬を可愛がってくれるのだけど
ホントにこの男の子は礼儀をわきまえていて、そして子供らしい男の子。

ゲームは家でしていると言っていたわ。
それから英語も習いに行っていると。

死ねシネ言う餓鬼とは出来が違うわ。

友達がいるときにも言われたし、友達はあの子たちに殺されないようにね。というし(笑)

ホント、ああいった子供は何するかわからないわね"(-""-)"

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2017 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ