FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
食品ロスをなくすというのは、とっても賛成よ。
だれだって、そう思うよね。

でもさ、これって、従業員からしたら、
嬉しい部分もあるけれど、もしかした、
買わなくちゃならないような、
それとなくの、圧力ってあるのかな。

東京エキナカで食品ロス減 閉店後は従業員に販売

記事では、

>閉店前、各店舗は残りそうな食品について、スマホのアプリを使って、一般のお客さま向けに告知して廉販売してきたが、それでも余剰が出るため、スタッフ向けにも販売。閉店後のスタッフ向け販売は毎日

これさ、スマホのアプリで一般のお客に告知していたというけれど、
店頭では、値引きはしていないの、どうなの?

普通はさ、店頭で、値引きするよね。
時間帯により、少しづつ、値段を下げていく。
最終的には半額とか、それ以上に値引き。

そうすれば、ほとんどが売り切れると思うけれど、

スマホほでお客に告知していたというけれど、
それでも余剰が出るというのは、多分店頭での値引きはしていないのかな。

そして、従業員に販売というけれど、
例えば欲しくなくても、なんとなく買わざるを得ないとかはないのかな。

以前、知り合いが、デパートの物産展の販売のバイトをしていたときに、
あまり売れないと、自分でも買わざるを得なかったと言っていたことがある。

そうだよね、コンビニなどでも、お節やケーキ、恵方巻、うなぎなどが
バイトに割り振られるということもあるらしいし。

従業員に販売するときは、かなり金額を下げているんだろうね。

あまり下がっていないのならば買う意味ないものね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ