FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
気象病

私が子供の頃にはなかったよね。
これがその頃に知られていたら、
私も、あれほど嫌な思いはしなかっただろうに。

乗り物が苦手、、、それ「気象病」かも

私は子供の頃から乗り物酔いがひどかった。

当時住んでいた浦和から上のに行く電車でも
酔ってしまい大変な思いをしていた。

レールがある電車ならば少しは乗っていられたけれど、
バスやタクシーは最悪。

だから、小学校時代の遠足は辛い思い出ばかり。

親からも、今なら理不尽なことを言われる。
それは、小学校の担任の先生も同じこと。

つまり、酔うと思うから、酔うんだ。
最初から自分は酔うと思いこんでいるからだめなんだ。
気持がそうなっている。
薬を飲めば大丈夫だ。とかね。

5年生のときの担任の先生(女)には、クラス全員の中で、
言われたもの。
同じ言葉、酔う渡欧から酔う。とね。
何回も、何回も、そう言われて、
酔う私が割るように言われて。
あまりに言われて、涙が出てきたら、
今度は、泣けばすべてが終わると思っている。
泣けばいいということじゃないでしょう。と。

今の時代の小学5年生と当時は昭和30年半ばの
小学5年生じゃ、知識も先生に対する気持も全部違うからね。
先生には逆らえないということだったしね。

私は乗り物酔いの薬を飲むと余計に気持ち悪くなった。

おとなになるに従って、いくらかは改善はされてきた。
でも、今でも、バスとか車は嫌い。

その時の体調によってはやはり酔ってしまう。

もちろん飛行機や船もね。

それでも大人になってからは旅行にはよく行った。

私は、酔って、死にはしないという考えでね。
でも、実際に乗り物酔いすると(いつもしていた)
なんで、こんなことしているんだろか、と
後悔はいつもしていた。

でも、でかけていたけれど(笑)

エレベーターや高所は嫌い。

そして、いつも行く、医者で、出かけるからと
乗り物酔い止めの薬をもらったときに話したら、

気圧の関係でそうなることがあると言われた。

あと、三半規管もあるんだよね。

とにかく、誰が、好き好んで、酔うと思いこんで、
乗り物に乗るわけないじゃない。

ほんと、苦しいんだからね。

汚い話、は○と、スッキリはするけれど、
その直後にトイレで鏡で顔をみると、
ほんと蒼白。血の気がない。
自分で、人間の顔って、あんなに蒼白煮るんだと、
自分でビックリしたことがある。

だから、出かけるのは好きだけれど、
出かけるのはかなり思いきらないと行けない。

そして、一緒に行く友達には、予め謝っておく。
バスツアーになると、私はほとんど寝ているだけ。
そして座席も前にしてもらう。

車はよほど親しい人の車しか乗らない。
そして、すぐに止めてもらうことができる人。
やたらにブレーキをかけたり乱暴な運転はしない人。

だから、限られるのよね。
いまは、そういう友達はいなくなった。

まぁ、年だしね。
今更70歳過ぎの人の運転ででかけたくないわ^^;


スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

小学一年の時の嫌~な思い出… 
事の内容は覚えていませせんが 女の子の髪をつかんで皆の前で振り回した女の先生が居ました。 
今も その先生の名前ははっきりと記憶に残っています。
ビックリ仰天💦怖かったですね

私も乗り物酔いがあって 車の座席はいつも一番前に座っていました。
気持ち悪くなるんですよね。

社会人になってからは片頭痛に悩まされて 脳のCTAをやったりしましたが異常はなく 気圧の変化によるものだろうとの事で こめかみの所からとか目の奥の方からとかから痛みが始まり吐き気がしてきて 吐くこともありました。
会社を休んだり早引きしたりと 大体一日がかりで痛みと気持ち悪さは収まっていましたが 辛かったです。
それが ナント!定年後はピタッと止んでいまだに一度も発症していません!。
単なる ストレスからくる怠け病だったんでしょうか…❕💦
それでも治ってよかったです。

Re: タイトルなし

ジイジ さん、いつもコメントありがとうございます。

昔の学校の先生は今だったら、教育委員会に
注意されるレベルの人がたくさんいましたね。

片頭痛は私もあります。
今でもたまに出てきます。

乗り物酔いは本人じゃないとわからないですものね。
辛いです。

私は仕事をしているときは、胃がキリキリとしていました。
あれはストレスでした。
今では一切ありません。

ストレスって怖いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ