FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
この記事を読んで、やっぱりそうなんだなぁ・・と。

ボケるかどうかよ^^;

医師が解説…読書家を自称する人が、思いのほかボケやすい理由

そりゃぁそうだよね、いくら本を読んでも、中身を言えないというのは
読んだことにはならないよね。
つまり、消化していないということよ。

ただ、字面だけを追っている。

まぁ、難しい本だとそういってもね、理解できないから
仕方ないのかもしれないけれど。
小説ならば筋があるからある程度は中身を言えるよね。

そしてこの言葉

>実際に、知的好奇心の高い人ほど認知機能は保たれ、脳の萎縮が少ないことも分かっています。知的好奇心とは、知りたい、学びたい、達成したいといった気持ちのことで、具体的には勉強や仕事、趣味、ボランティアなどにイキイキと取り組んでいる人ほど、脳は若く保たれているのです。したがって、いくつになっても好奇心を持ち、学ぶ心を失わなければ脳の働きは活発になるということです。

これね、ある意味、わかるのよ。

知り合いで、2人の80代の人がいる。
一人は話しても、前からの同じ話ばかり、
繰り返し、しつこい。
そして、中身がないおしゃべり。
この人は、今は有料老人ホームに入っているらしい。
自分でボケを感じたらしいのね。
で、早々と入居。

もうひとりの80代の人は、スマホは持たない、
ガラケーもなし、テレビは壊れたからそのまま。
ラジオと新聞が情報網。

でも、好奇心が多せいで、色々なことに関心がある。
ひとり暮らしでも、毅然として自分で何でもやる。

ホームに入った人も地鶏暮らしだけれども、
一人で食事や映画に行けないという人。
他人、親戚たより。

毅然としている人は旅行でも飲食でも映画でも、
何でも一人で出かける。

だから、ホームに貼った人と話すのはホント、めんどくさかった。
同じ話の繰り返しでダラダラと長かったから。

でも、毅然としている人と会うとお互いに色々な話をする。
それがとっても楽しいの。

そしてね、毅然としている人は、自分が具合が悪いとか、
そういうことを言わないの。
でも、持病はあるらしいのよ。

人に頼る人は、すぐにあっちがこっちがというのよね。

だから、やっぱりボケるかどうかって、
その人の考え方や行動によるんだろうね。
まぁ、それが全てじゃないけれど、知的好奇心って大事だね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ