FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
知り合いの男性が、松葉杖をついてあるいていた。

私は、朝の散歩の途中。

びっくりして、どうしたの??と。

何でも、石に躓いて転んで骨折をしたという。

私より2才位年上かな。

そして、ひとり暮らし。

年取ると、転びやすくなるしね。
そして骨折しやすい。

とっさの動きができないのよね。

家庭内で、それこそ、布団の上で転んで骨折とかあるらしい。
下手したら寝たきりになり認知症になる。

私も、他人事じゃない。

ひとり暮らし高齢者。

いつ、家庭内の事故に合うかもしれない。

それにしても、亡くなった母は、認知症にはなったけれど、
その間、入院とかはしなかった。

まぁ、引っ越してきたその年の夏に熱中症になり
1ヶ月弱入院したけれどね。
当時は86才。
入院していたときに先生から、年齢が年齢だから、
このまま認知症になるかもしれないと言われたわ。

でも、そのときは、大丈夫だったけれど。
まぁ、その当時から少しは認知はあったようだけれど、
気が付かないくらいだった。

私の知り合いの人たちのお母さんたちは、
認知症になると、なくなるまでの間に、
何回も入院をしていた。
もうね、入退院の繰り返し。

でも、母は認知症だけで入院とはならなかった。
それだけはありがたかったわ。

いくら保険が効くとはいえ、
入院となるとそれ相応の費用がかかるからね。

母は、自分は体が弱いから若死にするといつも言っていた。
が、結果、92才で、認知症とはいえ大往生だったわ^^;

とにかく、歳を取ると体の動きが鈍くなる。
気をつけようとは思うけれど、自分ではどうしようもないのよね。

今朝、久しぶりに(1周間ぶりくらいかな)
お掃除のチーフに散歩帰りにあった。

あんまり顔を見ないから、お掃除のついでに
私の様子を見てみようかと思ったと言ってくれる。

ありがたいよね。
前にも同じことを言われたし、実際に、ピンポンしてくれたこともある。

私は、お掃除の人たち、ガードマンさん、管理人産たちと、
結構おしゃべりや、ちゃんと挨拶もしている。
ワンコもかわいがってもらっている。

マンションでひとり暮らし、このように気をかけてくれる人がいるというのは
本当にありがたい。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ