FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
夜のわんこの散歩のときのこと。

新しい管理人さんがロビーにいて、
わんこが見つけてカートの中から、
しっぽをブンブン。

管理人さんとは少し前に、わんこがあって、
なでてくれたから覚えている。

いままで六十数年生きてきて、
わんこにこんなになつかれたのは初めてだと喜んでくれた。

そして、私に、飼い主さんがいいいから、
犬もいい性格になると、言ってくださる。

私のことを、温和だと。

あのさ、同じマンションの同い年の女性から、
私はいつもニコニコしていると言われた。

ソレを同じマンションの私より年上の女性に言ったら、
あなたはいつも怖い顔をしていると言われた。

まぁ、人って、自分の色眼鏡で見るからね。

でも、わんこを連れていて、エレベーターやロビーでも、
外でも、わんこをかわいがってくれる。

それは、私が、たぶんニコニコとして、誰とでも
嬉しそうに話している体と思う。

私のことを怖い顔をいつもしていると言った人、
この人とは入居してからだからもう、十数年のお付き合いにになる。
じゃぁこの人は十数年、私の顔を怖いと思いながら、
お話をおしゃべりをしていたんだわ。
随分と、お心が広い方なのね。
でも、なんだか、もう、距離を置きたくなった。

まぁ、この年上の人と話さなくても何ら問題はないしね。
特に親しいというわけでもないし。

ホント、人に話をするということは、
相手のことを考えて口を聞かないとね。

私のことをいつも怖い顔をいしていると言った女性は、
あんたは、どうなの、いつも、どういう顔をしているの??と言いたいわ。
そしてそういう言葉を相手にいうということは、
相手の人を傷つけると言うことがわかっているの?といいたよ。

もうね、この年になると、美人でも、可愛くなくても構わない。
でも、いつも怖い顔をいしていると言われるのは心外だわ。
だって、じゃぁ、なんで怖い顔をしている人に、
わんこがいるからといっても、人は話しかけてくるの。
いくらわんこが可愛くても、連れている人の顔が怖かったら、
やっぱり話しかけるのは躊躇すると思うけれどね。

あぁ・・、やっぱりこの人とは距離を置くわ。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ