FC2ブログ

プロフィール

少ない年金でも毎日楽しく節約は頭の体操と思いながら暮らします。

torako

Author:torako
FC2ブログへようこそ!


最新記事


運営サイトリンク集


スポンサードリンク


月別アーカイブ


スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
私は、もうすぐ70歳。
そして、わんこと暮らしている。

チワワの楽は3年前の3月に私の元にやってきた。
前年の12月生まれの3ヶ月弱だった。

楽が来る前、10日前に、私の最愛のベストフレンド、ライフパートナーの大きな柴の太郎くんが
虹の橋に11歳という短い人生で旅立った。

残された私が可愛そうと、この太郎くんが一生懸命にお空の上から探してくれて私に合わせてくれたのが
チワワの楽ということ。

私は、太郎が病気になったときから、次は猫にしようかとも思っていた。
猫も大好きだけれども、そうなると、出不精の私はますます外に出なくなる。
だから太郎くんもそれを心配してわんこを探してくれたんだろうと思う。

ao202001181.jpg


本来ならば、保護犬という選択もある。
一人でも辛い運命の子を救いたい、私と一緒に暮らしてほしいという気持ちは沢山あった。
でも、結果、ペットショップでチワワをお迎えした。

それにはここに書かれているような状況があるのよね。

譲渡に年齢制限設けている施設もあるが… 高齢者がペットと暮らす効用 人とペットの赤い糸


そう、当時私は67歳、譲渡は無理なのよ。

一人暮らし、高齢者はこのような譲渡を受けることができない。

私のワン友ご夫婦は共働きのために、最初は保護犬の譲渡が難しかったという。
二人とも働いていると、昼間、犬が一人になってしまうからと。
それじゃぁ、専業主婦じゃないとだめということでしょう。

今どき、まして年齢が働き盛りの夫婦ならばそういう人あまりいないんじゃないの。
この夫婦は二人暮らしで子供はいない。

で、粘り強く頑張って、自宅も見に来て(飼育可能かどうか)ようやっと保護犬の譲渡ができた。

まぁ、わかるのよ、もしもよ、安易に、相手に渡して、まただめですとなったら、そのワンコやにゃんこが
可愛そうだし辛い目に会う。
だからこそ、相手先をきちんと確認して、その子が幸せになれるかどうかを厳しく確認する。

でもね、本来は高齢者ほどペットとの生活が必要なんだよね。

なにしろ、お世話をしなくてはならない、だから、生活がある程度きちんとなる。
散歩にいけば人とふれあい話もする。
孤独じゃない。
癒やし効果は絶大。
この子のためにと頑張る。

だからね、高齢者がその子のお世話をできなくなったら、そういう施設とかで
その子が幸せに人生(犬、猫)を全うできるようなそういうことができればいいのにと。

私の場合はチワワは平均13歳と言われた。
その時は私は80歳。
でもね、私はもっと長生きするつもりだから、楽には20歳くらいまで頑張ってほしい。

この子が、楽がいるから、私の一人暮らし人生は明るく楽しくなっている。
気持ちも落ち着く、いい状態だよね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

コメント

そうなんですよね
里親サイトでも
60歳以上の1人暮らしだと
弾かれてしまいます
しかも、もしもの時に
その子を身請けしてくれる人が必要
そんな人がいれば良いですが
なかなか人には申し訳なくて
お願いも出来ません
なので、うちはにゃんずが天に召されたら
もう次はないですね
それに最近の猫は長生きで
20歳くらいザラなんです
だから、下手すると私たち夫婦の方が
先に逝かないか心配です(ー ー;)

るこさん、いつもコメントありがとうございます。
楽の前の大きな柴も、楽も、何かあったら自分達が
引き受けると言ってくださる方がいます。
そうならないように、楽の人生を全うさせて、
私がお見送りするのが私の使命です。

こんばんは

太郎さんがtorakoさんのために、探してくれた楽さん、
とてもとても可愛いです!!!
人と動物も運命の出会いがあると思いますので、
楽さんは来るべくして、torakoさんのもとにやってきたのでしょうね。。
保護犬・猫さんも、条件を厳しくするのも理解できますけれど、
高齢の方の方が面倒を見てくれるとも思います、
飼い主さんがなくなった後の、何かを、作る時代になっているように思います。

Re: おはようございます

ぼやっち さん、いつもコメントありがとうございます。
ワン友とも話していますが、一人暮らしの男性の、偏屈な
高齢者こそペットが必要なんじゃないのと。
そうすればすぐに切れたりすることもすくなるのではないかと。
この飼い主が亡くなるとか病気の時にどうするかという、
施設などもこれからは必要になるでしょうね。
後、災害の時にペットと避難できる場所も。
それには、今はペットは物扱いですが、そこから変えていかないと。
本当の先進国ならば、ペットと共に心置きなく暮らせる制度が必要なのかなと。
楽は、散歩ではニコニコしていますが、家では、ブスッとしています。
割と不機嫌な顔をします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ