スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今日は医者に薬を取りに行った。

待ち時間は1時間半。
その間に持参した本を読んでいた。
新書版の「世界一豊かなスイスとそっくりな国 ニッポン」・・川口マーン恵美 という本

スイスのイメージって、私が知らないだけかもしれないけれど
でも、本にも書いてあるように青い空にマッターホルン、牧草地に牛。というイメージが多いと思う。

だけれど、結構とんでもないところがある国だったのね。

中でも驚いたのが、里子制度。
貧しい子供を里子としてもらい、安い労働力として使う。
そして、ナチへの協力。
第二次大戦時のユダヤ人入局拒否、
ロマ(ジプシー)への差別。
男性は断種までしていたらしい。と・・・

まあぁ、国というのはきれいなイメージだけじゃなくて黒い歴史もあるのよね。

こういったことは別の本「黒いスイス」という本に詳しいらしい。

読み終えてからすぐに図書館で検索。
有ったから予約を入れたわ。

読みたい本をすべて購入できるような身分になってみたいわね。

ただ、年に数回、本の爆買いをする。
1回に1万円以上ね。

実は日曜日にもやってしまった( ;∀;)

今、買った本を順次読んでいこうと思う。
そして、その本の中から次の本を借りて読むということ。

たとえ、その時に、たとえはスイスのことなどで、えっ・・・と思ってもすぐに忘れるけれど、その時だけでも知るは楽しみなのよ。

今は「トランプは世界をどう変えるか?」エマニュエル・トッドと佐藤優の新書版



エマニュエル・トッドはフランスの歴史学者でトランプ当選を言っていたらしい。

本の世界は楽しいわね。
数百円で数時間楽しめる本。私は子供のころから本が大好きだったわ。

本屋に行くと大人になったら、この本を全部読んでみたいと思っていた。
自分の部屋が持てたら壁の周りは本棚で埋め尽くしたかった。


スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
今、愛犬との夕方の散歩から帰ってきた

行くときは午後6:20分頃

同じ階の外廊下のよその人の部屋の前に大きなスーツケースがおいてある。
えっ、なんで中に入れておかないの。と、思うが、誰かに貸すために置いてあるのか、又は自分が借りるのでドアの前に置いてもらっているのか、なんだろうな。と思いながら通り過ぎた。

で、散歩から帰ってきたのが午後7時過ぎ。
そしてごみを捨てに行って帰ってきてからもまだおいてある。

もしも貸し借りをするならお互いが顔を合わせてするものじゃないのかな。
どういういきさつで大きなスーツケースを廊下に置いておくのかわからないけれど、なんだか嫌だわ。

これが、公共施設なんかだと、不審なスーツケースということで通報されて調べられるんだと思うけれど、ここは分譲マンションだからね。

まさかさ、マンションで不審なスーツケースから爆発物が・・・なんてことはないとは思うけれど、やっぱり気になるわ。

f201701291.png


ここの管理人に言っても無駄だしね。
なにしろ、子供に注意するのは管理人の仕事じゃないというくらいだし。

それにさ、雪が降ると、表の玄関から外に行くところと裏から外に行くところは最低限雪かきするけれど、歩道がそのままなのよね。

よそのマンションはマンション前の歩道は雪かきしてあるし、会社の前も雪かきしてあるのよね。

管理人からしたら、歩道はマンションと関係ないからすることはないと思っているのかもしれないけれど、雪が降るたびに裏の歩道は凍ってしまって歩くのが滑って大変なのよね。

この管理人は、他の管理人と同じ時給だと言っていたし、でも、大手新聞社東京本社の常務をやっていたという割には、その風格がないのよね。

自慢ばっかりでさ。

野球の球団を持っている新聞社よ。

なんで、管理人をしているのかしら。
管理人の仕事が悪いというわけじゃないわよ。でも、そんないい地位にいた人がなぜなのと思うのは普通よね。

給料だってよかったはずだし退職金だって数千万円でしょう。
年金だっていいはずじゃないの。

と、スーツケースから管理人のことになってしまったわ。

明日の朝の散歩のときにはこのスーツケースが消えているといいわね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
疲れた・・・

とっても疲れた。

出先から1駅手前で降りて、キャンドゥにより、その後西友により、そして動物病院へ行き、愛犬のお腹の薬をもらってきた。

歩いて、・・・歩いて・・
腰が痛くて、
それなのに歩いて歩いて
だって歩くしか移動できないから

動物病院へはいったん家に帰ってから行くと、時間の無駄になる。
それなら、少し回り道しても1駅手前で降りて行った方が時間が助かる

で、腰がいたい"(-""-)"

今日は朝夕の犬の散歩を入れて13000歩くらい歩いている。

愛犬の夕方の散歩は腰が痛くて仕方ないので家の周りを歩いただけ。
ごめんよ。太郎。

飼い主は年寄りになってきて、そして腰が痛いんだよ。

ごめんね。ヘタレな飼い主で( ;∀;)

本当は家に帰る前にすぐそばのスーパーによって、4時からの目玉のホウレン草を買いたかったのよ。
でも、もう、一刻も早く部屋に帰りたかった。
座りたかった。

この腰や足が痛いのはもうずーと。
治らないね。仕方ないね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
今日、埼玉リカレントのホームページが更新された。

まっていたのよ。

去年の後期は行けなかったから、今年の前期はどういったのがあるのかと待っていた。
でも、お目当てのがない。
それに相当するのは大学院になり、大学卒業じゃなくてはダメ。
そして、他の講座も募集人数が10名程度と少なくて。

でも、妥協して、申し込みしてみようかな。
週1回の講座だと5000円で済むし。
安いよね。

以前は明治大学の公開講座や学習院の公開講座に通ったもの。

それと、青山学院大学は無料で公開講座をやっていたのよね。
結構いい内容のものが多かった。
でも、渋谷まではちょっと遠くて

申し込んでも応募が多ければ抽選になると書いてある。
でも、一応申し込みしようかな。

違うところで違うことをする。
ボケ防止ね。( ;∀;)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
今日は、パソコン教室の帰りに愛犬の薬を貰いに行ってきた。

1つ前の駅で降りて歩いて、途中に西友があるのでお気に入りの食品を買うために寄り道

がぁぁ・・ん。そのトレーだけ空っぽ
欲しかったのはかぼちゃコロッケ
1個50円くらいで甘くておいしいのよ。
ワン友も西友に行くと買ってクロと言っていた。

他の揚げ物のトレーにはたくさんあるのに、このかぼちゃコロッケは人気なのね。
1つもなかったのよ。

でね、今までだったら、せっかく来たのだからと、色々な食品を買い込むのよ。
でも、何も買わずに店を後にした。

西友はあと、レタス巻と言って海苔巻きの中にレタスと他のものが入っていて4個で200円のもおいしいのよ。
これも来るとよく買うの。
カボチャコロッケとレタス巻でご飯にするのよ。

でもねこんばんは冷凍してあるご飯があるから、買わなかった。

余計な買い物はしない。と、決めたのよ。

それに、今日は近くのスーパーで値引き券を出しているの。
でも行かなかった。
行けばまた余計なものを買いこむし、値引き券があるとそれを使おうとしてまた余計に買うからね。

行かないのが一番、行ったら必要なものだけ買うこと←当たり前のことだけれどね( ;∀;)

私は少しは成長したかしら(笑)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
愛犬との散歩に夕方行くと、時間は午後6時半ころかな

アリーナの駐車場に派手なトラック?というのかは知らないが車が止まっている。
そして、その前で、若い女の子たちが写真を撮りあっている。

車の横側には、派手な模様と文字。

私のような年寄りにはわからない。
それにしてもさ、車のまで写真撮っても仕方ないと思うのは、やはり私がバァさんだからのか( ;∀;)

ファン心理というのはわからない。
車でもそのグループのことが掛かれていればうれしくありがたいのかな。

f201701241.jpg

f201701242.jpg

ちょうど知り合いワンコが散歩で通りかかってその話をしたら、
彼女は私より15歳以上若いから知っていた。

世界の終わりというらしい。

えっ、世界が終わっちゃ困るわよ。と、これまた、私はバァさんの返答(笑)

車のボディの絵は奇麗だったわ。



スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
友達とメールしていたら、彼女はこれからさいたまリカレントに行くという。

私も行きたかったけれど、ちょうどその曜日がダメな日だった。
本当に残念。

でも、今やっているクラブの役員を今期で降りるからそうしたらその曜日でも何かあれば通えると思う。

さいたまリカレントとは、埼玉県が県内の大学の講座を一般人に開放しているもの
県内在住の55歳以上を対象としている。

講座を聞くだけで試験や資格は取れないけれど気楽に参加できるのがいいと思う。

春からのは2月に募集となるらしい。

埼玉リカレント

私が行ってみたいのは聖学院大学の講座だった。
後、興味を引いたのもあるけれど、行くのが遠すぎて。
聖学院大学は新都心駅から1本で宮原、下車してスクールバスなので通いやすい。
今度も何かいい講座があるといいな

友達と、一緒にいけたらいいねと話している。

知るは楽しい。
たとえそれが、その場だけですぐに忘れても、その講座の間は楽しいわ。

ボケ防止にいいわよねヽ(^。^)ノ

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今日の午前中スーパーに買い出しの後、書店の中を通った

たまに、冊子がおいてある。

今日は2種類あったのでいただいてきた。
そのうちの1冊をお昼にパンを食べながらパラパラとみていた。

私は昔から、新聞読みながらご飯を食べたり本を読んでいる。
まぁ、活字中毒です。

その中で気になった本があり、すぐに図書館で検索

ありましたよ。その本が、あっ・・・よかった借りようと思い予約をしたらなんと、80人以上待ち。

それでもこのくらいの待ちならいい方よ。
どうかすると、数百人待ちだからね。

とりあえず予約しました。
「また、桜の国で」須賀しのぶ

本当は図書館でなくすぐに自分で購入したいけれど何しろ策だつものがね。
だって1800円くらいするのよ。
とてもじゃ無いけれど、購入なんて無理ムリ・・(; ・`д・´)

まぁ、のんびりと気長に待ちましょう。

待っている間に、アマゾン中古で安くなるかもしれないという淡い期待もあるしね。

でもね図書館で予約待ちして数か月後に本を読んでも、最初の時の読みたいという期待はしぼんでいることもあるのよね
それと、やっぱり買わなくてよかったわ。というのも結構あるしね。

私は図書館と自分で買う本とは分けている。
図書館で借りてやっぱり手元に置きたいとなると自分で買う。

まあね、ほしい本をどんどん買えるような身分になってみたいものだわね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
この前、愛犬の薬をもらいに医者に行った時、サンプルをもらってきた

お医者さんには、犬用、猫用のフードのサンプルがおいてある。

私は行くと、いくつかもらってくる。
これもその一つ。

fc201701201.jpg


でね、ぇ・・あの医者に言いたい。
犬用、猫ようと箱を分けておいてほしい。
一緒に入っているから、いちいち確認しないと猫用をもらいそうになる

この前の時は犬用はこの1種類しかなかった。
猫用は何種類かあったのに
もう少し種類があればいいと思う。
でもね、ちょっと私ずーずーしいわね。
タダでサンプルもらってくるのにね。

ネットからもサンプルがあるときがある
その時はちゃんと応募してサンプルをいただく。

いまはね、犬も猫も多いんだから、もっとサンプルプレゼントあるといいのにさ。(*^^)v

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
毎日、真夜中に愛犬に起こされる

とはいえ、2月で11才おしっこが近くなってきたらしい。
柴犬は自宅ではトイレをしないため、必ず外に連れて行く。
ベランダでしてくれればいいのだけれど、ベランダにも出て行かない。

仕方ないので、マンションの裏口から歩道に出てそこを往復するだけ
犬も用を済ませれば、おとなしく家に帰る。

行く時間は、大体夜中の12時~13時

この時間はマンションの部屋の明かりはあちこちについている
近所の家も明かりがついている。
皆さん寝るのが遅いのね。

外も人通りや車もそここそあるし、街灯はついているから怖くはないけれど
夏はともかく、真冬は寒い。

愛犬はすっきりしても、飼い主の私方が風邪をひきそう。

変な時間で寝そびれる



愛犬は用を済ませば落ち着いてぐっすりと寝始める
それを見ながら、飼い主の私は、変な時間に起こされたので、なんだか寝そびれてしまう。

まあね、仕事をしているわけじゃないから、昼寝でもすればいいのだけれど
今、ブログを作るために教室に通っていて、ちょっと忙しい。
だから昼寝をする時間が取れない。

あぁ・・・愛犬よ。ちゃんと朝まで寝ていてほしい。

でも、高齢犬になるから、これからはもっとひどくなるんだろうな( ;∀;)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2017 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ