FC2ブログ

プロフィール

少ない年金でも毎日楽しく節約は頭の体操と思いながら暮らします。

torako

Author:torako
FC2ブログへようこそ!


最新記事


運営サイトリンク集


スポンサードリンク


月別アーカイブ


スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
ネットを見ていたら、面白そうな本を見つけた。

「韓国の「国史」教科書を書き換えよ 大韓民国の物語」

著者 李 榮薫/イ,ヨンフン 出版社 東京 文藝春秋 出版年月 2009年3月

早速、アマゾンを見てみた。

えっ・・・買えないよ、こんなに高いのは。

29697円(@_@;)

内容はね、

アマゾンの説明からお借りしました。

>商品の説明
内容紹介
韓国の「司馬遼太郎」ともいうべき知性派教授が、世論の集中砲火にもめげず書いた日本の植民地支配の肯定的側面を描く問題作

興味があるよね、でも買えない。

図書館で検索したら私の済んでいる市では3館が所蔵していた。
2冊は貸出だけれども、1冊はその図書館にあったので順位は1番。

図書館まで私の足で歩くと20分近くかかる。
だから夏の暑いときは行かないようにしている。
でも、この金額じゃ買えないから図書館を利用する。

図書館ってありがたいよね。

多分2〜3日くらいに届くと思う。

それにしても、よく書いたよね。
反感がすごいんじゃないの。

でも、読書の楽しみ醍醐味ってあるよね。

ネットでからも色々と情報を見て本を読むことも多い。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今ね、老後の生活、年金では生活は無理とか、2千万円必要とか色々と出ているよね。

そんな中この記事を。

年金が学生のバイト収入と同じ? 月12万円だけで生きるための心得

私なんて月に10万円だからね。

この記事にもあるように、後いくらで送料無料とか、何日までにあと幾らで、カードのランクが上がります。
来月からはワンランク上になりポイントも多くなりますとかね。
そういうのが色々とあるよね。

後、幾らで送料無料となると、どうせ使うものだから、まあいいか、今回まとめ買いすればいいよね。となるのよ。
(私の場合はね)

でもさ、それってやっぱり無駄だよね。

最近は送料がかかっても、大抵は580円位。
食品で冷凍だと980円とかね。

でもね、無駄に色々と買わないことにした。
だってさ、電車代を使ってあちこち行けば送料位かかるのよ。

そうおもうようになってきた。

いいと思うのは、買い物お気に入りというフォルダーを作ってそこに入れておく。
そして、セールなどの時に、そのサイトをチェックしてみる。

置いておくと、大抵はもういいや、となるのよね。

これって、店舗で買い物してみて欲しくなってもいったん冷却時間を置くといらなくなるのと一緒よね。

今日は、この本をポチしたわ。




これから日本、世界はどうなるんだろうかねぇ・・・。

でも、だんだんと貧しくはなってきているような感じだよね。

頑張れば明るい未来が、今より良くなるという、そういう時代じゃなくなっているよね。

確かに格差は大きいし。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
この本を読み終えた




読んでの感想というか、ねぇ・・(^_^;)

かなり、好意的な内容だなと。

一人の男性が天皇という立場で1945年の1月1日〜12月31日までの日常の話。
だから、戦争の話とかはあるけれども、御前会議の内容とかはない。
それは、他の本で読んだけれどね。

ほんとに日常生活。
皇后との生活。

この1945年は当然8月15日がある。
その前には東京大空襲、広島、長崎の原爆。

皇居も空襲で焼けている。

日々の食卓もだんだん貧しくなっていく。
これね、私は以外だった。
天皇家だから、優遇されていたんじゃないのとね。
着るものも不足していく。

このときに、お使えしていた人たちはちゃんとお給料もらっていたのかなと思ったりしてね(笑)

その後、終戦後は鴨場に、GHQの人たちを招待して鴨料をしたり、
天皇の弟のところでのGHQを招いてパーテイをしたりと、宮内庁も頑張っていた。

アメリカには王家がないから、日本の皇室関係からの招待は嬉しかったという。

ほんの題名が私生活だから、ホント私生活だけ。

そしてもう一度言うけれど、かなり好意的な書き方ね。

個人的には、他の天皇関係の本も読んでいるし、やっぱり、もっと早く決断をなぜしなかったのかという気持ちは残るわね。

本は楽しい、そこに書かれていることからまた他に広がるし。

今の子供や若い人も本の楽しさを知ってほしい。

でも、私の年代は(回りの友達は)目がつかれるから本は読まないという。

私は読むものがないと、広告でも、袋の裏に書いてあるものでも、なんでも読んでいる(笑)
活字中毒なのね。

毎日、かなりな時間をネットに費やしているけれど、基本は活字。

今、新聞は取っていない、だってこの年金だから高いからね。
でも、本当は数紙取りたい。
以前は2紙購読していた。

何かを購入して、それが新聞紙で包んであると、その新聞紙を丁寧に剥がして、そして読む。
それくらい活字が好きなのね(^_^;)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
私は本をよく読む。

たまに、ブログに書いたりしているけれど、それ以外にもいつも読んでいる。

よそ様のブログに紹介されている本、自分が読んだ本から、また芋ずる式に他の本に行ったり、
ネットのニュース記事に出ていた本など、色々なところから、あらこれって面白そうと読むことにしている。

小説などは図書館で、それ以外、自分で興味のあるものは購入をしている。

その中で、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』原田まりる著(ダイヤモンド社)
を読みだした。

年代的に差がありすぎるから、出てくる哲学者を今風の設定にはちょっとついていけないが、
分かりやすいことはある。




本の表紙もコミック風。
中身も漫画家と思ったけれどこちらは文字のみ。

哲学には興味があるけれど、あまりにも難解すぎる。
その点、一寸どうかなというところもあるけれど、ホントの初歩としてはいいのかも。
後ねこれを読んでいて、京都で、哲学者たちと訪れたお店、もし実在ならば行ってみたいなと(笑)

とにかく本を読むのは楽しい。
私の年齢69歳だと、もう、60歳ころから本は読まないという人も結構いる。

でも、同じマンションの80歳過ぎの女性は本を読んでいる。
そして寝るのが遅くなると(*^^)v

私もいつまで読んでいられるのかな。
読みたい本が次々とありすぎる。
時間は有限だからね。
最近は、あれ、これって思っていたのと違うとなると、飛ばして斜め読みとかするようになった。
友達はどんな本でもきちんと読むと言っていたけれど、まぁね、人それぞれだしね。


スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
この前、ワン友とイオンに行って、そこで通販のベルーナの実店舗を見て、
あっ・・新しいセーター、ガウチョ欲しいなと。
家に帰ってきて、カタログを広げて、全部欲しいの買っても2万円位。
あぁ・・・でも、デモ、今もありすぎるしと。

買えば確実にお金が減る。
私の年金は月に10万円だから余裕なんて全然ない。
少ない貯金を下ろしているくらいだもの。
だから、買えば、必ず、貯金が2万円減る。
毎月の赤字の他に2万円。
何処からか入ってくる余計なお金はない!!!

やっぱりやめよう、今あるもので我慢。

そして、買ったのがこの雑誌。



移民についての記事が読みたかったのよ。

本当は、図書館で借りればいいのだけれども、たぶん順番は物凄く後になると思う。
だから、買ってしまった。

ここんところ、本を何冊も買っている。

本屋によると、読みたい本のタイトルが並んでいる。

いつも行くスーパーは、1階が大きな本屋。
そこの地下がスーパー、エスカレーターやエレベーター、階段を使っても本屋を必ず通ることになる。

私のように、本好きには、いいような、悪いような。

今度、ネットで読める雑誌に登録しようかしら。
月々500円位なのよね。
これくらいなら払えるし。

でもさ、雑誌なんかができるのなら、新聞も、こういう制度があればいいのに。
本当は新聞も取りたい、2~3紙を読み比べしてみたい。

以前は朝日と日経を取っていて、朝ご飯を食べながら新聞をざっと読んでから仕事に行っていた。
まるで、おやじだよね(笑)

でもね、この年金じゃ新聞とれないよ(´;ω;`)ウゥゥ

ネットであちこちの新聞のサイトやニュースサイトをウロウロとしている。
これが私の現状。

今の中での楽しみの見つけたかだね(*^^)v

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2019 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ