FC2ブログ

プロフィール

少ない年金でも毎日楽しく節約は頭の体操と思いながら暮らします。

torako

Author:torako
FC2ブログへようこそ!


最新記事


運営サイトリンク集


スポンサードリンク


月別アーカイブ


スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今、この本を読んでいる。



題名がいいでしょう。

それに1食100円とうのもいいよね。

この本を読んでいて、いまは、生きるための食事が大事たということを改めて考えた。
確かに、最近は、ここ数十年は飽食だよね。

豊食から飽食。
結果、太ったり、病気になったり、と、いいことないよね。

私が子供の頃(現在68歳)はまだまだ食卓は地味だったよね。

そして、外食や出前なんてほとんどしなかった。
それは、ハレの日の、一寸いつもと違う嬉しい気持ち。
出前といっても、お客様が来るときに、お鮨や、そば屋など。
外食と言っても今みたいにより取り見取り、まして、子供が騒げるようなファミレスなんて皆無。
だから、外食すると、自分もちょっと大人になったような、背伸びした気持ちになったもの。
誇らしくてね(笑)。

私が育った時代は豊かになる時代。
そして、栄養が、栄養がという時代。

いまや、糖質制限だとか言って、ご飯は食べないようにとか。
でもさ、日本人はずーと何千年もお米の生活だよね。

私もこの本に書いてあるように、お米を中心とした食生活にした方がいいのかと。
朝はパン食だけれども、確かにパン食は油だよね。

納豆ご飯でいいのかな。



スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
この本を一気に読んでしまった。

そして、ゴッホの苦しみを、絵画の世界を、画商の世界を、浮世絵のことを。
知らない事ばかり。



ゴッホの絵はもちろん見ている。
浮世絵も見ている。

西洋絵画ももちろん見ている。

でも、ただ見ているだけ、その絵の前を通り過ぎるだけ。
私には絵を見る心がかけているんだろうなと思う。

そして、19世紀末パリで日本の美術を浮世絵を広めた日本人。

この林忠正って実在の人物なのね。

この本を読んで、本に出ていた浮世絵を検索してみてみた。

この浮世絵がゴッホなどに相当な影響を与えたのね。

そしてこの本を読んでいて、これって映画化されないかなと思ったわ。
世紀末の華やかなパリ、印象派、浮世絵、映画の世界で見てみたい。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今、この本を読んでいる。
本屋大賞。
人気の本らしい。



学校に行けない子供たちの話。
そして、鏡の向こうには別世界のお城があり、同じように学校に行けない子供たちが7人集まる。
カギを見つければ願いが叶う。

ちょっと期待して読んでいるけれど、うぅ・・・・・・・・・・・・ん、私が年を取りすぎたばあさんだからかな。
物語の世界には入れない。
まぁ面白いことは面白いけれどね。
2/3くらい読んで最後の落ちを確認。
ああ・・そうだったのね。と。

でも、本はどんな本でも読んでいるときはドキドキする。
そして楽しい。

後は、今日、授業で先生が紹介した本をネットからポチしなくては。

道徳形而上学原論改訳 (岩波文庫) [ イマーヌエル・カント ]

道徳形而上学原論・・カント

ねぇ、カントなんて私みたいな無学な年寄りにはわかるわけないわよね。
もう、頭からわからないと決めつけているわよ。
読む前からね。
でもさ、一応、読む真似だけでもしてみようかしらね。
たいして高くない本だし。

手元に有るだけれで、もういいやとなるのは確実だけれどね。( ´艸`)



スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
学校の授業で先生がこの本から例題を出してくる。

だから、手元に置きました。

これからの「正義」の話をしよう・・・いまを生き延びるための哲学・・・マイケル・サンデル



このサンデル教授って、結構話題になった人よね。

「ハーバード白熱教室」とかね。

昨日は功利主義の話だった。

功利主義って言葉は知っているけれど、私は意味は知らなかった。

功利主義に合う事例もあるし、功利主義では解決できないものもあるのよね。

先生は私たちに、この例に対して反対か賛成か、その理由はと聞いてくる。

私のように、阿保でヘタレなバァさんは、どっちの意見ももっともだと思うのよね。

ただ、もし、そういう時になったら最終的には自分が可愛いと、道徳的ということにはならないかな。

普段、頭を使わないから、こういう授業ってついていくのが大変だわ( ;∀;)





スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
昨日、放送大学の講座に申し込みしたので、ものすごーく久しぶりに聖書を開いた。

旧約聖書の所を読みだした。

でもね、読みにくいのよね。
何しろ、登場人物がよくわからない。

アダムとイブが最初の人間としているわけよね。
で、その後に子供がたくさんできて、ノアの箱舟の所に来て、ふと思ったのよ。

神様は夫婦を何組も作っているわけじゃないよね。
アダムとイブだけよね。

そうすると、その子供たち、そしてまたその子供たちは、みんな兄弟同士なの??

えっ・・・(;'∀')

ネットで見たら、あの時代はそうだったとか。

とにかく、わけわからない事ばかり、突っ込みどころもいっぱいあるよね。

聖書には、この旧約と新約以外にも本があるという。

でも、よくわからないので、この本を注文したわ。




阿刀田高さんの本。

この人の本なら読みやすいかなと思ったのよ。

とにかく、いきなり聖書は敷居が高すぎる。
手引書みたいなを読んでいくらか入りやすくしたいのよね。

後は、学校できちんとした授業で教えてもらえればいいしね。

でもさ、来月3月に私は68歳になる。
なんで今頃こんなことやっているのかしらね。

でもさ、趣味なのよね。
遊び、テレビを見るのと一緒。
ただその時が楽しければいいわヽ(^。^)ノ

あぁ・・早く届かないかしら。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2018 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ