FC2ブログ
スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
前に読んで、また、読み直している本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

疑う力 「常識」の99%はウソである [ 堀江貴文 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)




私はホリエモンは結構好きな方。
本も何冊も読んでいる。

でも、好きな方だからといってすべて肯定はしない、できない。

この本の中で、領土問題をかいている。

北方領土はロシアに、竹島は韓国に、尖閣は中国に
あげちゃえばと書いている。

領土を巡って紛争を起こすくらいなら尖閣は中国にやればいいという。
尖閣の漁業資源は中国や韓国と仲良く漁業権をシェアすればいいと書いている。

あのさ、彼の国達が、そんなに、都合よく、歩調を合わせてくれるのかしらね。
今までのやり方を見ていれば、こんなにのんきな状態では済まないと思うよ。
後、シーレーンの問題もある。
もしも、南沙諸島のように、軍事基地を作られて、シーレーンを妨害されたら
どうするの?

この人は、百田尚樹さんや、ケント・ギルバートさん、竹田恒泰さんのことを、
威勢のいい発言でナショナリズムを煽っていると書いている。
挑発に乗り紛争などで命をなくすというのは割が会わない。
たかが領土だと。

紛争を起こすならば領土をやったほうがコスパがいいという。

あのさ、国や、人、生き方、全てはコスパがいいか悪いかでは決まらないんだよね。

これがこの人の、私は薄ペラなところだと思う。

じゃぁ、あちこちの島などを、他所の国が、紛争を仕掛けたら、
コスパが悪いからとやってしまうの。

小笠原や、大島、沖縄、佐渡ヶ島とか。
やっちゃうの?
いずれ本島にそういう状態が来てもいいわけなの?

私はこの人のちょっと人と違う発想とか、
思い切った考えとかは受け入れられる部分もあるよ

でも、この人は、自分と同じような行動ができる人ならば
そういうことも受け入れられるとは思う。

だけれども、一般の人はそうはいかない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京改造計画 (NewsPicks Book) [ 堀江 貴文 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)




この本も、なかなかだなとは思う。

でも中にある、妖精さんのリストラ(働かない社員)というのは、
じゃぁ、リストラされた人たちはどうするの?
生きている人間だよ。

年令によっては適応料がない人だっている。

この人ね、自分が出来るから、頑張れるから、
努力してつかめるから、
だからいつもコスパというけれど、
人間はコスパだけじゃ測れない物がたくさんある。

だから、この人は浅いんだなと感じるのね。

東京改造計画にしても、中身をもっと、樹実させてかいてほしい。
ひとつひとつのことに対して、提案と、解決、最悪の事態の回避とかね。

まぁそれでも本を読むのは面白い。



スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
メールでは今日ド特となっていた本が、
ちゃんとポストに入っていた。

夕方の散歩後に確認したら入っていた。

ちょっと待ち遠しかったのよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京改造計画 (NewsPicks Book) [ 堀江 貴文 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/6/20時点)





ネットなどでは、項目だけが出ていた。
それだけを読んでも、結構、かなり、大胆なという計画ばかり。

で、内容も知りたくなったのよね。

だから、買ってみた。

これから読んでいくつもりだけれども、
最初のページにも買いてあるけれど
低レベルなワイドショー、一向に進まないオンライン化。

ほんとそう思うよ。

項目だけ見ると、これはなぁ・・というのもあるけれど、

でも、小池都知事の4年前の公約、○○をゼロにということにもかいてある。

今回はホリエモンが直接出馬はしていないで、
秘書の人が出ている。
後、ホリエモンと親しい?立花さんとかも出ている。

私は宇都宮産や、山本さんは嫌だ、
信頼が置けない。
だから、元県副知事の人のほうが実務が出来ると思うのよね。

ただ、大改革ならばホリエモンのような大胆なことをやらないと
だめだろうね。

後ね、60歳以上の人はどうなのかと思うのよね。

私は、今、70歳だけれども、やっぱり若い人、考えが若い人、
行動力のある人、前例にとらわれない人がいいと思う。

東京が変われば日本も変わるとおもうものね。

ついでに埼玉も変わってほしい。


スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2021 小さな幸せ all rights reserved.Powered by FC2ブログ