スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今、須賀しのぶさんの「また、桜の国で」を読みだした。

第2次世界大戦中のポーランドで、日本の外交官やポーランド人、ユダヤ人ポーランドの為に戦うという話。




この本に興味を持ったのは去年かな映画で「戦場のピアニスト」を見て、言葉では知っていたワルシャワ蜂起などに興味を持ったのよ。
で、この本に行きついて、今日から読みだしたの。
その中に出ていたショパンの「革命のエチュード」をユーチューブで聴いて、本に出ていた第1次世界大戦の時のポーランド人の子供を日本に迎えて手厚く保護した話を知らなかったからネットで調べたりしてね。

本を読んでいると、その中に出ている別のことに興味を引かれて、次から次へと、まるで芋ずる式ね( *´艸`)

こういう雨の日は、落ち着いて本を読んだり、音楽を聴いたりするのがいいわね。

本は楽しい、別の世界に、知らない世界に連れて行ってくれる。
そしてそこからまた別な世界が始まっていく。

楽しいねヽ(^。^)ノ

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今、この本を読んでいる。




題名がいいでしょう。

でね、書いている人がアラフォーらしい。
つまり40代。

そして、思ったのよ。

年代ごとになんというのだろうかと。
早速ネットで調べたわ。

20歳近く→アラはた
30歳近く→アラサー
40歳近く→アラフォー
50歳近く→アラフィフ
60歳近く→アラかん
70歳近く→アラセブ
80歳 米寿(:べいじゅ) アラベイ(アラベー)
90歳 卒寿(:そつじゅ) アラソツ
100歳近くは先日TVで、「アラひゃく」

こういう言い方が出ているサイトがあったわ。

つまり、私は、今はアラカンだけれども、あと数年でアラセブとなるわけね。

この本も、大人になって今まで着ていたものが似合わなくなってきた。
大人のおしゃれという本だけれどさ、じゃぁもうすぐアラセブになる私は何を着ればいいのかしら。

昔はね、年寄りはホントに年寄りという格好していたのよね。
みるからに、おばあさん。

でもさ、私、そういうの嫌いなの。
どっちかというと、若い世代の方が好きなのよね。

最近はデブが進んで着られなくなったけれど、無印とか大好きよ。
ユニクロより、GUね。

でもこれらはせいぜい40代くらいでしょう。

だけれどね、また体重が落ちたら着たいわ( `ー´)ノ

今の年齢だと、シックな落ち着いたマダム風なのがいいかもしれないけれど、私には似合わない。

この本の中で、そうそう、そうなのよ。と、うなづいた文章があったわ。
それは
流行は繰り返すというけれど、繰り返すのはテーマだけ。
洋服そのものは決して繰り返してそのまま着られるものではないということ。

そうなのよね、ビミョーに違うのよ。

でもさ、私の年代だと、いいものだからといって、ものすごく前のをそのまま来ている人がいるのよね。

あんた、それ、何十年前なの。といいたいくらいのが。

生地がいい仕立てがいいと言ってもねぇ・・

この本に40代の人達の定番プチプラアイテムが出ていたわ。

それは、フォエバー21のキャミソール(280円)
ユニクロ、ヒートテック(990円)
H&Mカーディガン(1500円)
靴下屋カラータイツ(980円)
無印良品パーカー(5980円)
GAPインナーシャツ(2400円)
ユニクロ、ウルトラストレッチジーンズ(3990円)
ユニクロ、カシミヤマフラー(2990円)

あぁ・・・書いていて、買い物に行きたくなっちゃったわよ。

1年着ない服は処分というけれど、駄目よ、私は服が趣味なんだから( `ー´)ノ

それにしても、40代と書いてあるけれど、60代だって70代になっても着られるものばかりよね( *´艸`)





スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
先週から始まった、埼玉リカレント。

私は後期は1講座申し込んだ。
高齢社会論。

で、このテキストが必要になった。
改訂・新社会老年学―シニアライフのゆくえ
学校でも買えるけれど、定価は2263円
だから、アマゾンの中古でポチ

注文した時は41円で買えた。
だけれど、その1日前に見た時は1円で有ったのよ。

で、今見たら、299円。

友達に教えてあげたら200円で買えたと言っていた。

日々上がっているみたいね。

だってさ、講座が終わったら絶対に見ないもの。

私はよくアマゾンの中古本をポチするわ。
でもね、好きな作家さんのは正規で買って応援するの。

使い分けね。



スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
「赤い指」、「黒い家」、「ようこそわが家へ」

この3冊を夢中で読み終えた。

どれも、ぐんぐん中に引き込まれる。

ミステリーは私は今まであまりというかほとんど読んでこなかった分野。
ワン友から文庫本を数冊頂いた本。

ありがたいわ\(^o^)/

自分の好きなものだけだと偏ってしまうものね。

後2冊残っている。
これもすぐに読んじゃうかな。

読む本があるのって幸せだわ\(^o^)/

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:
今日も、ワン友とランチ。
昨日に続きご馳走してくれるというけれど、それは断り割り勘に。

ワン友はこここの店には夜によくご主人と来るらしい。
1人でもランチをここですることも多いとか。

で、最後にコーヒーが出た。
えっ、このランチってコーヒー付きじゃないよね。と私が言うと、彼女が言うのには。

上記の理由でお得意様なので必ずサービスでコーヒーが出てくるのよと。

ふぇぇ・・・。
そうなんだ、やっぱりリッチなセレブは違うわ(;''∀'')

で、彼女は小説をよく読むとのこと。
年に何回かは本を処分していると。
で、私に、本をくれた。

私の分野じゃないけれど、いつも同じ系統ばかりじゃなくて幅を広げるのにはいいわよね。

頂いたのは「告白」湊かなえ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告白 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]
価格:668円(税込、送料無料) (2017/8/18時点)




2009年に本屋大賞を取った本。

彼女は本屋ですぐに本を買うらしい。
うらやましい・・・・・(;''∀'')

私は欲しい本ばかりをすぐには買えないもの。

ホントこのワン友とは経済格差が激しいのよ( ;∀;)

でも、ワン友としてお付き合いする分には関係ないしね。

さぁ、頂いた本を楽しんで読もうと思うわ\(^o^)/

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2017 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ