FC2ブログ

プロフィール

少ない年金でも毎日楽しく節約は頭の体操と思いながら暮らします。

torako

Author:torako
FC2ブログへようこそ!


最新記事


運営サイトリンク集


スポンサードリンク


月別アーカイブ


スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
今朝のワンコの散歩で嬉しいことがあった。

それは、去年、ジャックラセルの男の子が虹の橋を渡った飼い主さんとあったこと。
なんと、新人ワンコを連れていた。

えっ・・・、どうしたの?お迎えしたんだぁ・・ヽ(^o^)丿

このワンコは、ビーグルとの他との雑種だという。
見た目はビーグルに近い。
2歳の女の子。

前のジャックラセルも、保護犬を引き取ったご夫婦。
保護犬をお迎えするのはとっても大変なんだよね。
で、今回は、多頭飼いで崩壊したところかのお迎え。
なんでも60匹位いたらしい。

ネットで見つけて、金曜日に電話したら、今度の日曜日ならいいですと言われて、
だから、今日でまだ3日目。
おとなしい女の子。
先住猫がいるけれど、お互いに喧嘩もせずに大丈夫らしい。

とにかくね、周りのワン友たちも、次の子はまだなんだろうかと、
いつも話をしていた。
あの、○○さんの家の子になる子は本堂に幸せだからと。

私も今朝、初めてあって、嬉しかった。
ワンコが亡くなるともう、絶対に次をお迎えできないと言う人もいるけれど、
あんな辛い思いはしたくないとね。
でもね、ワンコの辛さを癒やすのはまたワンコなのよね。
絶対に前のワンコのことは忘れない。
でも、亡くなったワンコだって、飼い主がいつまでもメソメソしたいたら嫌だよね。
亡くなったワンコだって、充分に愛情をもらって幸せに人生(犬の一生)を終えたわけだもの。

私は楽をお迎えしたのは太郎が亡くなってから10日後という速さだった。
これは太郎が楽を引き合わせてくれたと思っている。

それにしても、また、この飼い主さんと散歩でたまに会えるというのは嬉しいわ(*^^*)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
私は、もうすぐ70歳。
そして、わんこと暮らしている。

チワワの楽は3年前の3月に私の元にやってきた。
前年の12月生まれの3ヶ月弱だった。

楽が来る前、10日前に、私の最愛のベストフレンド、ライフパートナーの大きな柴の太郎くんが
虹の橋に11歳という短い人生で旅立った。

残された私が可愛そうと、この太郎くんが一生懸命にお空の上から探してくれて私に合わせてくれたのが
チワワの楽ということ。

私は、太郎が病気になったときから、次は猫にしようかとも思っていた。
猫も大好きだけれども、そうなると、出不精の私はますます外に出なくなる。
だから太郎くんもそれを心配してわんこを探してくれたんだろうと思う。

ao202001181.jpg


本来ならば、保護犬という選択もある。
一人でも辛い運命の子を救いたい、私と一緒に暮らしてほしいという気持ちは沢山あった。
でも、結果、ペットショップでチワワをお迎えした。

それにはここに書かれているような状況があるのよね。

譲渡に年齢制限設けている施設もあるが… 高齢者がペットと暮らす効用 人とペットの赤い糸


そう、当時私は67歳、譲渡は無理なのよ。

一人暮らし、高齢者はこのような譲渡を受けることができない。

私のワン友ご夫婦は共働きのために、最初は保護犬の譲渡が難しかったという。
二人とも働いていると、昼間、犬が一人になってしまうからと。
それじゃぁ、専業主婦じゃないとだめということでしょう。

今どき、まして年齢が働き盛りの夫婦ならばそういう人あまりいないんじゃないの。
この夫婦は二人暮らしで子供はいない。

で、粘り強く頑張って、自宅も見に来て(飼育可能かどうか)ようやっと保護犬の譲渡ができた。

まぁ、わかるのよ、もしもよ、安易に、相手に渡して、まただめですとなったら、そのワンコやにゃんこが
可愛そうだし辛い目に会う。
だからこそ、相手先をきちんと確認して、その子が幸せになれるかどうかを厳しく確認する。

でもね、本来は高齢者ほどペットとの生活が必要なんだよね。

なにしろ、お世話をしなくてはならない、だから、生活がある程度きちんとなる。
散歩にいけば人とふれあい話もする。
孤独じゃない。
癒やし効果は絶大。
この子のためにと頑張る。

だからね、高齢者がその子のお世話をできなくなったら、そういう施設とかで
その子が幸せに人生(犬、猫)を全うできるようなそういうことができればいいのにと。

私の場合はチワワは平均13歳と言われた。
その時は私は80歳。
でもね、私はもっと長生きするつもりだから、楽には20歳くらいまで頑張ってほしい。

この子が、楽がいるから、私の一人暮らし人生は明るく楽しくなっている。
気持ちも落ち着く、いい状態だよね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
この記事を読んで、本当だよねぇ・・と。

元旦に会ったワン知り合いは、犬を連れてコンビニで納豆を買いたいと言っていたのよ。
で、その時いたワン友たちは全員(3、4人)だめ、犬を繋いでおいて持っていかれたらどうするの?と。

お店の前に犬をつないで離れないで!実際に起こった意外な事故・トラブル

私はね、今のチワワの前の大きな柴犬の太郎くん(25キロ)のときは、お店で、すぐに見えるところに
繋いでおいて、さっさと買い物をしたことはある。

でも、いつも、ドキドキだった。

まぁ、この大きさだから連れて行く人は殆どはいないとは思う。
何しろ柴犬だし、大きいしね。

でも、他人が手出しをしたり、蹴飛ばしたりするかもしれない、そいうときは噛み付くこともあるかもと、
いつもドキドキしていた。

だから、この記事にあるように、これらはほとんどあり得ることだと思うのよ。

知り合いの、小さな柴ちゃんもスーパーのところに繋いでいたら持っていかれて、
その後偶然に取り返しができたという話も聞いたことがある。

後、ワンコに何されるかわからないからね。
犬が嫌いな人が犬に当たることもあるから、怖いよ。

その納豆を買いたいと言っていたワンコに楽の散歩の帰り道でまた会ったから、聞いたら、
みんなの意見を聞いて買いに行かなかったという。

とにかくね、小型犬は連れ去られる危険があるからね。

私は今の楽は、絶対に、前の太郎くんのように繋いで自分の幼児を済ますということはしない。
この楽は人懐こいし、チワワとしては大きくても、それでもチワワだからね、片手にだけるから、
連れ去るのは簡単だもの。

私も買い物のときに、繋がれて待っている犬を見ることがある。
みんな不安そうに待っているんだよね。

ワンコと飼い主は、信頼関係で結ばれている。
自分のちょっとしたいいじゃないという気持ちでワンコを不安にはさせたくないわね。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
何もかも値上がりだわ。

小さな値上がりは、納豆。
スーパーで、タレ芥子なしのが1パック55円だったのよ。
それが、今日見たら、58円になっている。
まぁね、たった3円かもしれないけれど、でも、55円に対しての3円は大きいね。

あと、楽のシャンプー代。

今までお願いしていたところは、楽をお迎えしたショッピングセンター内の違うお店だけれども
同じ店内のペットサロン。
ここはね、ずーと楽は2800円だったの。
そして、毎週水曜日は20%引き。
たまに500円引きの券ももらえたの。
今年の春からは200円アップして3000円。
それでも安いよね。

で、ここが閉店してしまった。

駅の反対側のショッピングセンターの中にあるお店でお世話になることに。
12月中に楽をきれいにしようとしていて、連絡するのを忘れていた(・・;)

さっき電話したら12月は満杯。
1月6日(月)の10時からが取れた。
費用はね、かなり値上がり、4500円。
そしてね、おしりの毛がふさふさだからカットを頼むと+550円(ノД`)シクシク

仕方ないね、ワンコがいるとお金がかかる。
まぁ、私は毎月シャンプーには出さないからね。
朝の散歩から帰ってくると、足を拭いて、おしりと、ち○ち○を拭いて、
体にはブラシをかける。
夕方は、ブラシ抜き。

それほどの汚さはないんだよね。
これらは殆どの飼い主はやっていること。

楽、ごめんよ、さっぱりときれいで年越ししないで。
とはいえ、犬だからね、わからないわ。
それと、シャンプーはストレスみたいなのね。
本人はシャンプーが少なければ少ないほどいいみたい(笑)

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ

スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:ペット
皆さん、ボク、今日で3歳になりました。

3年前の今日、ボクは、ママから生まれなした。
ママと、パパはチワワらしく2・5キロです。
ボクもそうなるはずだったのに、どういうわけか4・6キロまで育ちました。

ねぇちゃんは、お店の人に、両親は2・5キロと聞いたんですがと言ったら、
お店の人がきっとおじいさんやおばあさんが大きかったんでしょうね。と返事したとか(@_@;)

そしてね、ボクは、毎日育ちながら、きっといいお家に行けると思っていたんだよ。
優しくて若くてきれいなママ、イケメンで優しくてお金持ちのパパ。
そういう家の子になるつもりでいたんだ。

ao201912171.jpg

マンションロビーのクリスマスツリー前でお澄ましです。
下には犬は下せないからカートの中からです。

それなのに、何でねぇちゃんみたいなババぁで貧乏な家に来てしまったんだろうか( ノД`)シクシク…

きっと、ボクにふさわしいお家があると思っているけれど、
もうね、ねぇちゃんとの暮らしもそれなりになってきた。

ボクはね、覚悟を決めたよ。

ボクの前の大きな柴兄ちゃんの太郎君も、ねぇちゃんのことを頼むとボクに言ってきたからね。

1人暮らしのねぇちゃんを、腹をくくってこれからはボクが面倒を見ていくよ。
なんたって、犬は人間の大事な友達だからね。
ボクがねぇちゃんを散歩に連れ出して、歩いて、人と話してそうすれば、
ボケ防止になるよね。

まぁ仕方ない、これも僕の運命だね。
甘んじてうけいれるしかないねぇ・・・。

スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2020 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ