FC2ブログ

プロフィール

少ない年金でも毎日楽しく節約は頭の体操と思いながら暮らします。

torako

Author:torako
FC2ブログへようこそ!


最新記事


運営サイトリンク集


スポンサードリンク


月別アーカイブ


スポンサーリンク


DATE: CATEGORY:日記
昨日の夕方6時半過ぎにワンコの散歩へ。

エレベーターを降りると、いつもの男猿餓鬼が数匹、またしても、ロビーにたむろしている。
中の1匹は、テーブルの上に土足を乗せている。

私は通りすがりにちらっと見たら、土足を下した。

以前は、何かも注意していたことがある。
テーブルの上に土足、椅子に座ったまま足をあげて椅子に土足。
そのままゲーム。

あの猿餓鬼たちは今年から中学生。

そんなに土足がいいのなら、自宅で、土足で入って自宅のダイニングテーブルでご飯を食べるときにすればいいじゃない。

中学生になってもやっていいこと悪いこと、常識もマナーもない。

今は、この猿たちが何していても私は注意はしない。

以前、私一人でロビーを通ったら、猿餓鬼たちが、ゲームをしながら、死ね、死ね、死ね、死ねと言い始めた。
ゲームの中の事かもわからないが、たぶん私に向かってだと思う。

だから、それからは何も言わない。

昔は、私が子供のころはよその大人から注意されると恥ずかしいという気持ちになったのよ。

でも、今の猿餓鬼たちは、自分たちは悪くないけれど、あの、うるさいババぁがいるからという感じなのかな。

中学生にもなって、学校から帰ってくると、同じような猿同士が集まって、ゲームばかり。
まぁ、脳みそも知れているわね。
つまり、親もそんな親だと思うわよ。
昔は、何かあって、親の顔を見てみたい、なんてこと言われたら、ものすごく恥だったけれどもね。
今の親は、なんとも思わないんでしょう。
何が悪いのさ!!、ロビーは住人が使用していいんでしょう。という考えかな。

猿餓鬼たちの遊び場じゃないんだけれどね、本来のロビーは。
でもそういう馬鹿猿餓鬼の親はまたまた馬鹿猿親なのよね。

今の親は高学歴だけれども、知性も教養も常識も自分で考える頭も無いのよね"(-""-)"

まぁ、馬鹿猿餓鬼は一部だけれどね、きちんとしている親子もいるし。


スポンサードリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ


copyright © 2018 青空とそよ風の向こうへ all rights reserved.Powered by FC2ブログ